1. TOP
  2. 経済
  3. 量的・質的金融緩和の継続

量的・質的金融緩和の継続

 2020/01/22 経済 この記事は約 2 分で読めます。
豊田剛士のブログです。

日銀の金融政策決定会合が行われて、現行の量的・質的金融緩和の継続が発表されました。

 

先日、『【日経】『引き返せぬ金融緩和 日米欧の中銀資産 再膨張』について』でもお伝えしましたが、量的・質的金融緩和をやめるというのはなかなか難しいことです。

 

2%の物価安定目標の実現を目指すということですが、今の日本は流動性の罠なので、財政政策が効果があるというのがセオリー。でも、財政政策の逆の増税を行ったという話は前回もしました。

 

それだけでなく財政政策を行ったとしても乗数効果も弱くなっている状況なので、金融政策と財政政策で成長を促していくことが難しくなっています。

 

※乗数効果・・・政府が投資を増やす→国民の所得増加→消費の増加→国民の所得増加→消費の増加・・・という経済上の効果

 

財政政策、金融政策の結果で、GDPの成長を目標にして金融政策を考える体制が続くようであれば、オリンピックの影響で一時的に成長することはあっても、持続するかは難しいと思います。

 

現在のケインズの経済学で考えるマクロ的な状況はすぐに良くなるという状況は考えにくいので、この変化の時代を利用して、ユーザーにいかに価値あるものをいかに多くの方に届けるかという個々に考えることが大切なんだと再認識します。
 

<<前へ   次へ>>

\ SNSでシェアしよう! /

豊田 剛士ブログの注目記事を受け取ろう

豊田剛士のブログです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

豊田 剛士ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 日本郵政社長、不動産M&Aに「前向き」|【日経】地方消滅の著者が行う手腕に注目

  • 消費税還付スキーム封じ込め|問われる不動産投資、賃貸経営の本質

  • RC造減速、不動産価格の下落で泣く人、笑う人|建築費、不動産価格の値下がりを狙う骨太企業

  • マンション管理の認定制度創設について|【日経】分譲マンションの3割越え修繕積立金不足

  • 【日経】不動産業界、新型コロナで「遠隔営業広がる」|この波にどう乗るか

  • ビジネスマン、投資家が経済のリスク(不確実性)に対応するために最低限やっておきたいこと