1. TOP
  2. コンサル
  3. コンサルタントが不足しています

コンサルタントが不足しています

 2020/01/24 コンサル 不動産 不動産投資・賃貸経営 日々の出来事 この記事は約 2 分で読めます。

昨日は、不動産コンサルのご相談を頂きました。

 

不動産を買いたい、売りたい、建てたいではなく、建てた方が良いのか、リフォームをして貸した方が良いのか、売却した方が良いのか、どのような選択をしたら良いのかわからないので相談に乗ってほしいというご依頼をよくいただきます。

 

最終的には自分の売りたいものや得意分野のサービスを勧めると分かってきている人が増えているので、そこに相談しても客観的な視点で正しいかどうかの判断は出来ないと気付いているということです。

 

コンサルの仕事は、顧客の悩みや課題を聞きとり、現状を分析して、そこから顧客が気付いてないもの含め課題を見つけ、選択肢を提供することです。

 

最終的に売りたい商品が決まっていたり、自分の得意分野に持ち込もうとするのにコンサルと言う人が多いですが、それはコンサルではなくセールスです。

 

高度な知識を持って、顧客が分からないことを教えてあげているのでコンサルですという方もいらっしゃったりしますが、それはコンサルではなく、専門家であったり、スペシャリストという分類でしょう。

 

このようにコンサルを顧客から見て客観的な立場で選択肢を提供する人と定義すると、顧客がそのような人を探しても、なかなか見つからないという声をよく聞きます。

 

そのようなスタイルで仕事をしているところがまだまだ少なく、その原因はコンサルに必要な知識、スキル、ノウハウが普及していないということかと思います。

 

今後コンサルを仕事にしていく方も増えていくかと思いますが、切磋琢磨し、顧客によりよいものを届けていきたいですね。
 

<<前へ   次へ>>

\ SNSでシェアしよう! /

豊田 剛士ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

豊田 剛士ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 顧客のオンライン面談にも対応に出来る授業の内容に、ブラッシュアップしています。|相続対策コンサルタント養成講座

  • このような経済状況でも前向きな発信をしよう|人の気持ちと密接な経済

  • ビジネスマン、投資家が経済のリスク(不確実性)に対応するために最低限やっておきたいこと

  • セミナーの内容を考える際に気を付けていること|豊田剛士ブログ

  • 保有か?改善か?建築か?売却?の不動産の投資判断

  • 世の中のルールが変わって、再確認した可処分時間の再設計