1. TOP
  2. ビジネス
  3. セミナーの内容を考える際に気を付けていること|豊田剛士ブログ

セミナーの内容を考える際に気を付けていること|豊田剛士ブログ

 2020/02/15 ビジネス 日々の出来事 相続 この記事は約 2 分で読めます。

今日は相続対策コンサルタント養成講座で名古屋に来ています。

 

今回で第11期ですが、懇親会には、OBも来てくれてとてもうれしいです。

 

相続対策コンサルタント養成講座や他のセミナーもそうですが、セミナーの内容を考える際に気を付けていることがあります。

 

それはセミナーを受けてもらい、『良い情報を聞いたな』、『勉強になったな』で終わるのではなく、受講して頂くことで、受講して頂いた方が何故受講して頂いたのかという目的に対してなるべく具体的に次のアクションに移せるためにはどうすれば良いのかという想いで内容を考えています。

 

どんなにいい情報でもアクションに移せないと、アクションに移せない期間に情報を忘れたり、内容が陳腐化したり、鮮度が落ちるので早くアクションに移すことに越したことはありません。

 

そうするためには、情報を伝えるだけではなく、具体的なイメージを持って頂けるような内容にしたり、ワークをやったりして受講者にあった登りやすい階段を用意し、登り方を教えてあげなければいけません。

 

難しいことを難しく伝えるのは簡単なので、分かりやすく伝えられるかが大事なことです。

 

コンテンツの内容や、伝え方は、タイミングやトレンド、受講者、などにもよって求められるものも変わるので私自身も常に勉強です。

 

分かりやすく伝えて次のアクションにいかにつなげるか、常に研究、ブラッシュアップしより良いコンテンツを届きけていきたいと思います。

 

 

<<前へ   次へ>>

 

\ SNSでシェアしよう! /

豊田 剛士ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

豊田 剛士ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 『地主・大家の相続対策の本質』が、 売れ行き良好ビジネス書に選ばれました

  • 3回人に話さないと、引き出しにならない|アウトプットとインプット

  • CPM(不動産経営管理士)合格おめでとうございます|豊田剛士ブログ

  • 集客が先か、コンテンツが先か|質問にお答えします

  • 火災保険の取り扱い辞めました|私の働き方改革

  • 支援の輪が広がってほしい|IREM JAPANの事務局を守りたい