1. TOP
  2. コンサル
  3. 3回人に話さないと、引き出しにならない|アウトプットとインプット

3回人に話さないと、引き出しにならない|アウトプットとインプット

 2020/02/21 コンサル ビジネス 日々の出来事 この記事は約 2 分で読めます。

主催している相続対策コンサルタント養成講座では、なるべく多くのワークをいれるようにしています。

 

資格をとるということは目的ではなく、顧客が喜んでくれて、自分も仕事になるというコンサルを行う為の知識とスキルを得るための手段です。

 

資格を持っているだけで、アウトプットが出来ないと意味がないということですね。

 

タイトルの『3回人に話さないと、引き出しにならない』というのは島田紳助さんがテレビで言っていた言葉です。

 

確かにそうだよなと思ったことを今でも覚えています。

 

アウトプットをして初めて自分の引き出しになるので、講座でも多くのワークを取り入れています。

 

本を出すのも、セミナーコンテンツを作ったいり、話すのも、接客で人に話すのも、アウトプットをすることで、やっている本人が一番勉強になります。

 

 

<<前へ   次へ>>

\ SNSでシェアしよう! /

豊田 剛士ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

豊田 剛士ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • セミナーにご参加頂いた方から教えて頂いています。| 豊田剛士ブログ

  • 経験年数という指標はアテにならない|豊田剛士ブログ

  • 個人ブログを始めました

  • CCIM(不動産投資顧問)の受講者の皆さん最終試験頑張れ!!|豊田剛士ブログ

  • 『個』のマーケティングやブランディングを考える

  • 誰かのボトルネックを外すというビジネスチャンス