1. TOP
  2. コンサル
  3. 3回人に話さないと、引き出しにならない|アウトプットとインプット

3回人に話さないと、引き出しにならない|アウトプットとインプット

 2020/02/21 コンサル ビジネス 日々の出来事 この記事は約 2 分で読めます。

主催している相続対策コンサルタント養成講座では、なるべく多くのワークをいれるようにしています。

 

資格をとるということは目的ではなく、顧客が喜んでくれて、自分も仕事になるというコンサルを行う為の知識とスキルを得るための手段です。

 

資格を持っているだけで、アウトプットが出来ないと意味がないということですね。

 

タイトルの『3回人に話さないと、引き出しにならない』というのは島田紳助さんがテレビで言っていた言葉です。

 

確かにそうだよなと思ったことを今でも覚えています。

 

アウトプットをして初めて自分の引き出しになるので、講座でも多くのワークを取り入れています。

 

本を出すのも、セミナーコンテンツを作ったいり、話すのも、接客で人に話すのも、アウトプットをすることで、やっている本人が一番勉強になります。

 

 

<<前へ   次へ>>

\ SNSでシェアしよう! /

豊田 剛士ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

豊田 剛士ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 『個』のマーケティングやブランディングを考える

  • コロナウイルスの影響で考えるビジネス|ピンチをチャンスに変える

  • コロナショックの教訓を将来に活かす取り組み|実験思考

  • 金融機関、保険屋さんなどの稼げる保険がまた一つ無くなる?|外貨建て保険のリスクの顕在化

  • 私のまわりでもコロナショックの影響が顕在化し始めています|飲食、宿泊、イベント以外も

  • コロナウイルスの影響で倒産、廃業する中小企業からみるリスクヘッジの重要性