1. TOP
  2. ビジネス
  3. こんなご時世だからこそシンプルに考え、効果的な行動を具体的にとって売上を上げて世の中を盛り上げる

こんなご時世だからこそシンプルに考え、効果的な行動を具体的にとって売上を上げて世の中を盛り上げる

 2020/03/16 ビジネス 日々の出来事 経済 この記事は約 4 分で読めます。

こんなご時世だからこそシンプルに考え、効果的な行動を具体的にとって売上を上げて日本を盛り上げたいと思って『売上を上げるために必要な考え|ロジカルに、効果的な行動を具体的にとる為に必要な考え』という動画を作りました。

 

 

3月14日に安倍首相が会見を開き、コロナ対策に対して色々な施策を行うと会見を開き、アメリカもゼロ金利、約5兆4000億円のを地方政府に振り向けるなど、各国が金融政策、財政政策を打ち出しています。

 

その内容のが良いものかどうかは、時が経過した後の結果論の話なので、私がどうこう言うつもりはありません。

 

しかし、やれることはやろうよという体制を整えようとはしています。

 

内容の賛否というより、特に否定の部分は、否定をするなら何か代替え案を用意するとか、それを補完する案を用意するとか、一歩でも前に進める形の話にしてほしいです。

 

政府などが気づいていない問題の提起とかなら別ですが、ただただ否定をすることが目的になっているような発言や発信も目にすることが多いので、そんなことをしても、世の中が良くなることは少しも無いです。

 

私は、自民党員でも、安倍晋三さんのファンでもないですが、世の中が少しでも良くなるためには、否定的なことを考える暇があったら、少しでも前に進むためにはどうすれば良いのかということを考えていきたいと思っています。

 

そういう気持ちは持っていても、何をすれば良いのかわからなかったり、考えることが多すぎてわからないなどの気持ちを持った方の力になれればと思い、予定していた内容を変更して今回の動画を作成しました。

 

煩雑に見えることでも、それは枝葉であって、元を辿った幹や根はシンプルだったりします。

 

企業や個人が売上を上げるということを考えた時に、基本的には、

 

数 × 決定率 × 単価 = 売上

 

と、なります。

 

今の状況で、数が減って売上が減少しているという状況のビジネスがたくさんあると思いますが、このような特殊な状況下でない状況で売上が上がらない多くの原因は、決定率にあることが多いです。

 

それに数を増やそうというのは容易ではないという状況が多いです。

 

例えば、100人の顧客と出会う為にかかる広告費が、100万円で一人単価が1万円だとすると、売上を2倍にしたいと思い、数に変化をもたらそうと思ったら、広告費を2倍の200万円にするということになります。

 

現在は、100万円で100人に出会えたのが、50人に減ってしまったという状況だと思います。

 

広告費を2倍にすると、100人に出会えますが、売上は平常時と同じなのに、利益は大幅に減ってしまいます。

 

それに手元から貴重なキャッシュを効果の低い広告につぎ込むというのも良い戦略ではないかもしれません。

 

数をコストをかけて増やすのが難しければ、決定率か単価を上げるしかありません。

 

単価はマーケットとの折り合いがあるので自分本位では決められないとなると、決定率が残ります。

 

この決定率を上げるにはどうすれば良いのかということに取り組むということを決め、その手段を考えていくと考えれば、色々な手段が考えられると思います。

 

もちろんなるべくコストをかけず、数を増やすことも考えたいですが、どこに軸足を置くかということです。

 

このように枝葉から考えるのではなく、幹や根からシンプルに考えることで、今何をやるべきかということが明確になります。

 

今回作成した動画がお困りの方に、少しでも役に立てば幸いです。

 


豊田剛士のLINE公式アカウントでは、資産形成、不動産、相続対策、やビジネスに必要なマーケティング、ブランディングなどの情報を発信しています。あなたにとって有用な情報をお届けします。

お友達登録は、下記のボタンをクリックしてください。

 

<<前へ   次へ>>

\ SNSでシェアしよう! /

豊田 剛士ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

豊田 剛士ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 新築マンション販売27年ぶり3万戸割れ、首都圏不動産各社の高値戦略という報道と現実のギャップ

  • エンジェル投資の出口を迎えて

  • ディープハウツーと多様性恐るべし|気づきと学びの深さを与える技術

  • 変化するマーケティングとビジネス|多くのコンサルが口にする禁断の果実

  • コネクティングドッツ(Connecting the dots)|ビジネスの再構築

  • 教科書としてだけでなく相続の実務家が書いた現場のリアルが伝わる一冊。巻末の贈与契約書、財産目録のひな形もうれしい。|木下勇人税理士の書籍を読んで