1. TOP
  2. 日々の出来事
  3. 実態のマクロ経済とは逆行して株式市場、為替市場は少し落ち着いてきました

実態のマクロ経済とは逆行して株式市場、為替市場は少し落ち着いてきました

 2020/04/15 日々の出来事 有価証券 経済 資産形成 この記事は約 3 分で読めます。

株式市場は、日経平均株価の予想変動率を示す、「日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)」が、昨日急低下して、1か月ぶりに節目の40を下回りました。

 

コロナウイルスの感染が、米欧でピークを迎えつつあるとの見方と、ハイテク関連株に復調の兆しが見えていることが投資家心理を上向かせているとのことです。

 

為替市場は、各国政府の経済対策や金融緩和を受けて、3月に乱高下していたものが、4月になって小幅な値動きが続いています。

 

とはいえ、まだまだどうなるかわからないの、気を緩めるタイミングではありません。

 

不安が消えているという事はなく、安全資産と言われる金市場は連日の最高値です。

 

あくまで私がベンチマークしている会社の株になりますが、業種別に、全体的に上げていますが、ハイテク関連や製薬会社は好調で、不調なのは、飲食、不動産、REIT、宿泊、商社などです。

 

昨日は、日経新聞で、2019年度の最大のヒット商品の日興アセットマネジメントのグローバル3倍3分法ファンドの基準価格が2月21日から3月19日かけて37.1%下落したことを受け、分散投資が効かぬと書いていました。

 

こういう記事で気をつけたいのは、メディアは不安を煽る記事の方が売れるので、そういうタイトルにするということです。

 

2019年一番売れたものでその売りが、分散効果とレバレッジだったのですが、一般の方にはレバレッジの意味が分かりにくいので、響きにくいからタイトルで、レバレッジは選ばないと思います。

 

一番売れた商品の売りである分散効果がないとタイトルにつけることでインパクトが出ますが、このようなタイトルにすると多くの方が分散投資に効果が無いと勘違いしてしまいます。

 

この価格下落の本質はレバレッジと分散先の銘柄です。

 

私自身も、コロナ前に保有していた投資信託のポートフォリオは、個別銘柄のインパクトが大きかったものもありますが、全体的に考えると下げ幅小さかったかったですし、今はだいぶ戻しています。

 

分散投資自体が、悪い訳ではありません。

 

多くの情報と取捨選別を繰り返し、今だからこそ学べることを吸収していきたいと思います。

 


豊田剛士のLINE公式アカウントでは、資産形成、不動産、相続対策やビジネスに必要なマーケティング、ブランディングなどの情報を発信しています。あなたにとって有用な情報をお届けします。

お友達登録は、下記のボタンをクリックしてください。

<<前へ   次へ>>

\ SNSでシェアしよう! /

豊田 剛士ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

豊田 剛士ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 相続対策の学校をなぜ作ったのか?|オンラインとリアルの学びの場の挑戦

  • 何かを売ることは、今日の顧客を獲得すること。誰かを助けることは、一生の顧客を獲得すること。

  • 3回人に話さないと、引き出しにならない|アウトプットとインプット

  • タコ足配当状態の不動産投資にご注意を|キャッシュフロー経営の盲点

  • 米ゴールドマンサックスが日本の富裕層向けビジネスの参入|【日経】資産形成に携わるプレイヤーに問われる本質

  • 量的・質的金融緩和の継続