1. TOP
  2. ビジネス
  3. 超長期金利に上昇圧力|コロナ対策一服後のビジネスは、金利上昇も視野に

超長期金利に上昇圧力|コロナ対策一服後のビジネスは、金利上昇も視野に

 2020/04/16 ビジネス 不動産 不動産投資・賃貸経営 日々の出来事 経済 この記事は約 2 分で読めます。

コロナウイルスの影響による株安が一服して、政府の経済対策んい伴う国債増発で需給の緩みも意識され、償還期間10年を上回る超長期債の利回りに上昇圧力(価格は下落)が高まっていると日経新聞に掲載されました。

 

通常は、経済危機の際には、金利を下げるのがセオリーですが、日銀は、容認している節があるとのことです。

 

超長期金利の上昇は、株式市場が落ち着きを取り戻しつつあるため、投資家の間で国債から株式に資金を移す動きや政府の緊急経済対策による国債の増発、米国の経済対策などが起因しているとのことです。

 

もともと超低金利だった日本は、金融機関、保険会社、年金などが運用難や本業の利益がとれないなどの状況だったので、少し上げたいという気持ちの表れですが、それだけ、これまでの低金利の副作用が大きかったということです。

 

今現在の状況は、もちろん今の状況を乗り切るということが大切ですが、コロナウイルスの影響が一服した後の経済にどのような影響を与えることが今起こっているのかということを理解しておくことも大切です。

 

超長期金利が上がれば、不動産業界に対しては、マーケットの心理、価格下落などに影響します。

 

収益、実需共に影響があり、それに付随する業務の方も影響が出ます。

 

将来のトレンドを押さえていれば、今とる行動も変わるかもしれません。

 

しっかりとトレンドを押さえながら今を乗り切りましょう。

 

 


豊田剛士のLINE公式アカウントでは、資産形成、不動産、相続対策やビジネスに必要なマーケティング、ブランディングなどの情報を発信しています。あなたにとって有用な情報をお届けします。

お友達登録は、下記のボタンをクリックしてください。

<<前へ   次へ>>

\ SNSでシェアしよう! /

豊田 剛士ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

豊田 剛士ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 実態のマクロ経済とは逆行して株式市場、為替市場は少し落ち着いてきました

  • 西松建設に続いて清水建設、東急建設も工事一時中断|建設大手、準大手は中断の流れか

  • RC造減速、不動産価格の下落で泣く人、笑う人|建築費、不動産価格の値下がりを狙う骨太企業

  • 世の中のルールが変わって、再確認した可処分時間の再設計

  • ネット証券も相続・信託 高齢者向け、顧客基盤拡大|変わる相続業界

  • 仕事が出来る人は、節税のお手伝いはするけど、脱税のお手伝いはしない