1. TOP
  2. ビジネス
  3. 【日経】不動産業界、新型コロナで「遠隔営業広がる」|この波にどう乗るか

【日経】不動産業界、新型コロナで「遠隔営業広がる」|この波にどう乗るか

緊急事態宣言の影響で、仮想現実(VR)システムの導入やオンライン会議などを組み合わせて、顧客が自宅から内見や相談を出来るようにするサービスが神奈川県内で進んでいると報じています。

 

VRや動画を使ったオンライン個別相談や気になる物件を日時指定で、担当が物件に行き、リアルタイムで撮影、相談に応じるリモート内見サービスなどを各社が進めているとのことです。

 

賃貸では、重要事項説明、鍵の受け渡し、全ての手続きを非対面で行うサービスなども、出てきています。

 

今までのやり方、概念にとらわれず、今求められていることに対応し、変化を始めている会社が、たくさん出てきました。

 

私が不動産業界に入った時は、電話でのお問い合わせの時代から、インターネットでの問い合わせに以降する時期で、インターネットに乗り遅れた会社は、規模を縮小するか、会社が無くなりました。

 

今回は、コロナを機に、大きな転機を迎えています。

 

当時は、今のような負の要因があるというより、ジワジワ浸透していって気づいたら、という感じでしたが、今回は今までのようなスピード感ではなく、変化が求められています。

 

スピード、つまり速さは、

 

速さ=距離÷時間

 

です。

 

距離は、目標までをどれだけ最短の道を見つけられるか、時間は手数、これを実行できる人が、今の変化を味方につけそうです。

 

 


豊田剛士のLINE公式アカウントでは、資産形成、不動産、相続対策やビジネスに必要なマーケティング、ブランディングなどの情報を発信しています。あなたにとって有用な情報をお届けします。

お友達登録は、下記のボタンをクリックしてください。

<<前へ   次へ>>

\ SNSでシェアしよう! /

豊田 剛士ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

豊田 剛士ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ビル所有者が賃料減免なら1年間税猶予という施策で、気をつけたいポイント

  • 個人事業主やフリーランスなどの住宅ローンが組みにくい人がマイホーム持つことに情熱をかける人

  • AIなどのテクノロジーの代替は、技術より人が追い付くのを待っている?

  • zoomセミナーのその先|学びの場のリープフロッグ型発展

  • 相続対策の学校をなぜ作ったのか?|オンラインとリアルの学びの場の挑戦

  • オンラインで可視化されて、表面化する実力|今求められていること